校長あいさつ

長谷川校長

 

              御 挨 拶

          ~ 未来に向かって羽ばたく皆さんへ ~

 

                                校 長  長谷川 靖

 

 ホームページを御覧いただき、ありがとうございます。

 本校は昭和54年に全日制普通科の高校として開校し、本年で43年目を迎えました。この間、保護者や地域の皆様の温かい御協力や御支援を受け、地域に密着した活気あふれる高校として着実に発展して参りました。卒業生は1万4千余名にのぼり、地域社会はもちろん、各分野の様々な方面で活躍されています。

 平成15年に単位制へ改編、生徒一人ひとりの進路希望に合わせて授業を選択するシステムを確立しました。本校の目指す学校像は「生徒一人ひとりの個性・能力を伸ばし、自主性・創造性を育みながら、進路実現を果たす単位制高校」です。少人数授業・習熟度別授業も有効に活用しながら、基礎力から応用力までの幅広い力を養成する教育活動を展開しています。

 

 本校は、勉強にも部活動にも学校行事にも真剣に取り組む学校です。それぞれの活動を通じ、「文」と「武」のバランスのとれた力を身につけます。この力は、将来社会に出たときに大いに発揮できる総合力となります。

 さて、ここでいう「バランスのとれた力」とは何でしょうか。近年は少子高齢化とともにAI化が進み、社会構造が大きく変わりつつあり、先が不透明な時代といわれています。その中を生き抜くためには「自ら考えて行動する主体性」「仲間とともに行動する協調性」が必要です。本校の単位制システムによる主体的な科目選択を通じた積極的な学び、仲間とともにつくり上げる部活動や学校行事が、まさにそれに相当する力を育むのだと、私は考えます。

 

 高校生活はわずか3年です。しかしその3年は、一生の中で最も密度の濃い3年間といえるでしょう。一生の友と成り得る仲間とともに切磋琢磨しながら自分を磨き鍛える3年間です。坂戸西高校はそれができる学校です。

 未来に向かって羽ばたく生徒一人ひとりの「夢の実現」に向けて、坂戸西高校は全力で取り組みます。

 

                                             令和3年4月

 

ブログ

校長ブログ

新年度にあたって(校長)

 4月8日(木)、始業式・入学式を行いました。いよいよ令和3年度の本格的スタートです。

 新入生の皆さん、「しっかりとした覚悟」と「思いやりと感謝の気持ち」を持ち、素晴らしい高校生活にしていきましょう。2年次、3年次の皆さん、「身近な目標」と「その先の目標」をしっかりと定め、夢の実現に向かって今年も頑張りましょう。

 今年度の皆さんの大きな成長を期待しています。  頑張れ 坂西生!

 写真は穏やかな春の陽差しが降り注ぐ、本日朝の校庭です。

 

入学許可候補者の皆さんへ(校長)

 3月18日(木)午後、入学許可候補者説明会を行いました。

 入学許可候補者の皆さんが、合格した喜びに満ちた顔で説明会に参加してくれました。いよいよ高校生になるという気持ちが沸いてきたのではないでしょうか。

 4月8日が入学式です。入学式を経て皆さんは正式に高校生(坂西生)となります。それまでの約20日間、坂西生になるための準備をしっかりしてください。勉強面の準備はもちろんのこと、どのような高校生活を送ろうかという目標を定めてください。皆さんの素晴らしい高校生活に向けて、その準備期間として、充実した春休みを過ごしてください。

 入学式でお会いできることを楽しみにしています。 頑張ろう! 4月からの坂西生!

 

    本日の説明会の様子です。

 

卒業おめでとう(校長)

 3月11日(木)、春の日差しに包まれた良き日、第40回卒業証書授与式を行いました。

 309名の卒業生の皆さん、卒業おめでとう。皆さんには、坂西魂を胸に、「プレーヤーの気持ち」を忘れずに、勇気と希望をもって様々なことにチャレンジし、輝く未来を創っていただきたいと願っています。

 皆さんの益々の活躍を心から祈念申し上げます。 

 頑張れ 坂西卒業生!

 

  

  左は本日朝の正門、右は昨日の三送会(在校生のビデオメッセージ)の場面です。

 

 

 

通学路の交通安全

 本校は、西大家駅(東武越生線)から徒歩約6分という、通学しやすい場所にあります。

 西大家駅からは、坂戸市道が主な通学路です。通学路にはグリーンベルトが設置されていますが、この度赤いポール(ポストコーン)も合わせて設置いただきました。本校生徒もより安全に通学することができます。

 生徒の皆さんは、今まで以上に交通マナーをしっかり守り、事故防止に努めて通学をお願いします。

  

 

 本日は年次末考査2日目です。1年の総仕上げです。 しっかり頑張れ 坂西生!

1年次進路学習

 1月28日(木)5・6限 1年次の進路学習を見学しました。「学問分野研究」として、様々な進路分野をグループで調べ、お互いに発表するという内容です。そして本校単位制の特徴である「多様な講座選択」につなげることも目的とのことでした。

  

  

 

 生徒はそれぞれ真剣に調べ、話し合い、発表し(発表を聴き)、研究を深めていました。

 一つ一つが将来の目標実現に繋がります。 頑張れ 坂西生!

坂西生へ(12月28日 校長)

 12月28日(月)午後、この時期にしては暖かく穏やかな日となりました。

 感染症拡大防止の観点より部活動は原則中止です。いつもなら元気な声が響き渡っている校庭は閑散としています。寂しさを感じます。

 

 しかし、「この困難な状況を乗り切るために最も優先させるべきことは何か」の視点を大切にし、少しでも感染が落ち着くまで、そして部活動が再開できるまでもう少し待ちましょう。年末年始も規則正しい生活を心がけ、必要あって外出する際は、十分気をつけて行動してください。

 天気予報によると、元旦は好天で、初日の出は見られそうです。終業式でお話ししたとおり、埼玉県では6時52分頃の日の出です。良かったら是非見てください。

 来年は穏やかな年であることを願ってやみません。皆さん、良い年をお迎えください。 頑張れ 坂西生!

職員研修会(Google Classroom)

 12月9日(水)、本日より2学期の期末考査です。

 本日午後、情報ご担当の先生方による、Google Classroomの機能及び使い方に関する職員研修を行いました。本年度に入り、特にこれらのICTを活用する場面が増えています。今後の更なる活用に向けて大変有意義な時間でした。

 

 

 昨日までの暖かさから一転、本日はこの時期らしい寒い一日でした。

 体調管理をしっかりして、期末考査に全力投球。 頑張れ 坂西生!

選択科目「フードデザイン」

 単位制である本校には特徴的な授業が数多くあります。その中の一つである「フードデザイン」では、食生活についての知識や技術を学びます。

 12月4日(金)のフードデザインの授業では、東京製菓学校の田端友裕先生を講師としてお招きし、洋菓子(モンブラン)を制作しました。田端先生は本校の卒業生であり、2019年にイタリアで開催された洋菓子の世界大会「ワールド トロフィー オブ ペストリー アイスクリーム チョコレート」で、日本代表チームが世界1位の栄冠に輝いたときのメンバーの一人でもあります。

 世界で活躍されている先輩から直接指導を受け、生徒はやや緊張しながらも楽しそうに実習を行っていました。

 

 

 

本校には様々な分野で活躍されている先輩が多くいらっしゃいます。先輩に続け! これからも頑張れ 坂西生!

修学旅行実施について(校長より)

 

 感染症の拡大が心配される中、修学旅行実施の是非は大変難しい決断でした。

 本校としては、現地の情報をしっかりと収集し、かつ安全対策等を十分検討し、予定どおり実施することにいたしました。ただし安全対策として、行程の一部は変更いたします。

 様々なご意見があると存じますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 生徒の皆さんは、安全には十分気をつけ、修学旅行を十分に満喫し、そして多くを学んできてください。

 良い修学旅行になるよう、期待しています。

 

 2年次保護者の皆様は、11月25日付のお知らせを合わせてご覧くださいますよう、お願い申し上げます。

朝のグラウンドより

11月20日(金)、季節外れの暖かな朝です。

1限開始前のグラウンドで、生徒が大きな声で準備運動(西高体操)を行っていました。1限の授業(体育)の準備です。

 

 本校の自慢の一つとして、「時間前に行動できる生徒」をあげさせていただきます。本校は単位制であり、選択授業・移動教室での授業が多くあります。「休み時間に速やかに次の教室に移動し、授業の準備をして、開始を待つ」ことは、当たり前のことですが、実際に行うことはなかなか難しいものです。しかし本校生徒は全ての授業でしっかりと実践しています。本校の良き伝統であるとともに、生徒一人ひとりの気持ちの現れと感じています。

 今日も良い1日となるように。頑張れ 坂西生!

教育目標
             人格の完成を目指して、高い知性、豊かな情操、強健な体力を養い
                     自立的精神と協力・敬愛の念に富む心身ともに健全な生徒の育成を図る。
沿革

 昭和54年

    開校式・第一回入学式(4学級184名)
    開校記念式典(6月4日、校旗制定)挙行

 昭和55年

    校歌制定 普通教室棟完成、新校舎へ移転
    重層体育館、特別教室棟完成  

 昭和56年

     部室兼更衣室完成 
    開校3周年校舎落成記念式典挙行

 昭和58年

  生徒ホール(食堂兼合宿所)完成   

 昭和59年

    普通教室棟増築(6教室) 

 昭和63年

    創立10周年記念式典挙行   

 平成 2年

  弓道場完成 

 平成 5年

  プール、吹奏楽演奏場完成 

 平成 8年

  プール下の部室完成  

 平成10年

  創立20周年記念式典挙行

 平成15年

  単位制高校へ改編

 平成20年

  創立30周年記念式典挙行
校歌

 再生ボタン(▶)を押すと校歌が流れます。

※Internet Explorerでは再生できない場合がありますので、プレーヤーの右端ボタンから「ダウンロード」

もしくは、こちらからファイル(mp3)をダウンロードしてください。

 

作詞 長谷川肇志     

作曲 飯島武司
 
一、白雲の 秩父嶺はるか
    武蔵野に 若草萌えて
    学舎の 礎固し
      集う我らの のぞみは高く
      みがき合う 英知の光
      いざ 究めゆかん 永遠の真理を
  
 
二、高麗川の 歴史ゆかしく
      風薫る 大家が原に
      住む人の 情は篤し
      わが青春の 詩は豊かに
      契り合う 三年の絆
      いざ 育てゆかん 寛き精神を
 
 
三、紺碧の 空澄みわたり
      咲きほこる さつきの郷土の
      緑濃き 大地は広し
      若き生命の 力は満ちて
      競い合う 限りなき技
      いざ 鍛えゆかん 剛き身体を
      
      われら われら 坂戸西高校
  
校章の由来

  本校が立地する坂戸市は、広く市民から親しまれているサツキを市の花としている。

  このサツキを図案化したものである。

  サツキは樹性が強健で着実に根を張り成長して見事に開花する。

  その花容は、多様で明るく素直である。強健にそして末永く発展する本校の姿と、

  生徒の一人ひとりが本校で学び巣立って社会の一員として

  個性豊かに素直に成長していく様を象徴している。

2010,04,21~
4 7 8 4 9