坂戸西高校サッカー部


⚽令和2年


 ●部員数●

    部員  1年 32名 2年 38名 3年 35名 

     マネージャー   1年  3名 2年   1名 3年   2名  計111名


 ●活動日●

       月   ミーティング,OFF(不定)
    火~金 練習

    土日祝 試合

     ※今年度は、コロナの影響により、平日および土日の活動時間を制限しています。


 ●活動状況●

   高円宮杯U18サッカーリーグ2019 西部地区リーグ 2Wリーグ

   高円宮杯U18サッカーリーグ2019 西部地区リーグ 3Wリーグ

   2019年度 U-16 埼玉県サッカーリーグ(西部支部リーグ)

   高体連主催公式戦

   長期休業中遠征・合宿


 ●ユニフォーム●

 

    公式戦用(メイン)        公式戦用(サブ
    

※練習試合用には、個人持ちで別のユニフォームを使用しています。

日誌

サッカー部からご報告

お知らせ サッカー部 令和元年度 西部支部新人大会組み合わせ決定

1月18日(土)から始まる新人大会の組合わせが決まりました。
昨年度は支部で7位になって4月の関東大会県予選に出場しました。総体予選や選手権につなげるためにも、
西部支部でどこまで勝ち上がれるかで、チーム内に自信や課題を示してくれます。
この冬休みに、どの選手が出ても戦えるような雰囲気を作りたいです。

<1回戦>

日  時 令和2年1月18日(土)10:00キックオフ

会  場 坂戸西高校

対戦相手 合同チーム(新座・和光・筑波大坂戸・越生)

トーナメント表は専門部Webサイトから

 

0

お知らせ 西部支部新人大会 第7位!

H30年度西部支部新人大会結果


1
回戦 対 新座総合 3-0

2回戦 対 慶應志木 2-2 PK3-1

格上のシード校だったが、開始早々コーナーキックから先制する。しかし、守り切れず、後半残り3分で同点に追いつかれる。延長前半に勝ち越され、苦しい時間が続く中、延長後半残り3分に値千金の同点ゴール。PK戦に持ち込み、3-1。苦しみながら粘った末の勝利となった。

3回戦 対 川越南  1-0

シード校の川越南。相手の粘り強い守備をなかなか突破することができず、危うく失点する場面も多々作られた。後半、ゴール前の混戦から押し込んで先制点を奪う。最後まで守りに入らず、攻め続けて勝利をもぎ取った。これで西部支部ベスト8に入った。

☆準々決勝 対 川越東 1-2

ベスト4をかけて臨んだ川越東戦。格上の相手だったが、勝機は必ずあると選手たちは自信をもって試合に入った。前半先制されるも、前半終了間際に得たFKを直接決めて同点。雰囲気良く折り返したが、後半徐々に相手の攻撃のテンポが上がり、PKを与えてしまう。これを決められ惜敗。チャンスもあったが、決めることができず、力の差を感じた一戦となった。

☆5位決定戦 対 埼玉平成 0-10

勝てば5位確定の埼玉平成戦。出場停止や怪我の選手の影響もあり、メンバーを変更して臨んだ。強いとわかっていた相手だったが、立ち上がりに失点、そのまま立て続けに失点する。後半も相手は緩めることなく、何もさせてもらえず、まさに完敗としか言えない試合となってしまった。

7位決定戦 対 東野 2-0

関東大会県予選への出場権を掛けた7位決定戦。先制点が鍵になると踏んでいたが、立ち上がりに不安定なプレーから何度かピンチを招く。しかし、徐々にペースを握り、前半に欲しかった先制点を奪う。後半も最後まで走り切って2-0で勝利。西部7位となり、関東大会県予選出場を決めた。

生徒達は6試合を全力で戦い、目標に向かい、結果で示してくれた。今回の新人戦を戦う中で、個人やチームとしても大きな自信になった一方で、県大会で戦うためには、まだまだ足りない部分も多くあると気づかされる場面もあった。
 
試合後のミーティングでは、「今回の結果を受けて、坂戸西がいろいろなところで注目される。恥ずかしい行動はできない」と監督からも話があったように、グラウンド以外での行動にも責任を持たなくてはならない。

地に足をつけて、まずは2か月後の県大会、また、春からリーグ戦も始まり、もっともっと選手同士で高め合い、練習から強い気持ちをもって臨み、チーム内での競争を生んでいく必要がある。大きな可能性を秘めた選手達の力を伸ばせるように、我々スタッフも全力でサポートする。

西部支部新人大会最終結果はこちら

(埼玉県高等学校体育連盟サッカー専門部HPより)

0
2010,04,21~
4 8 5 9 1