日誌

カテゴリ:今日の出来事

【2年次】球技大会

 3月11日(月)、さわやかな早春の空のもと、2年次3学期球技大会が開催されました。

 天気にも恵まれ、各クラス対抗のトーナメント戦で男子は校庭でサッカー、女子は改修工事も終了し、新たに生まれ変わった体育館でバスケットボールを行い白熱した試合が見られました。

 ゲームに対し真剣に取り組む姿や、声援を送る様子、また生徒同士が励ましあい、勇気づけあう姿を見ることができました。生徒たちがこの1年間で、一つ一つの物事を丁寧に取り組むこと、仲間を支え、互いに助け合う生徒たちに成長した様子を垣間見ることができ、私たち教員からも大きな声援を送りました。

 全力を出し切った生徒たちの輝いた表情は本当に素敵で感動を覚えました。

4月からはいよいよ3年次生。この1年で培った年次のチームワークと仲間を思いやる気持ちを忘れずに頼もしい姿を引き続きみられるよう期待したいと思います。  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【1年次】防災意識を高めよう!

2月15日(木)の5限総合的な探究の時間・6限LHRは震災学習を行いました。

5限は東日本大震災について。

1年次には偶然にも被災経験のある教員が2名おり、その当時の様子の話をしてもらいました。

     

 

スライドを使用して説明が行われ、生徒はワークシートに書き込んでいきます。

震災当時の様子や地震の仕組みなど、詳しいことがたくさん聞けました。

特に震災の様子については、その後の生活や周りの環境が大きく変わったこと、当たり前にあった日常が一瞬で失われたことなどが事細かに気持ちを込めて語られ、生徒も教員も聞き入ってしまいました。

 

それを受けた6時限目は、オリジナル防災ガイドブック作りです。

担当教員が制作したノートに、防災に関するあれこれを考えたりしながら書き込んでいきます。

  

 

 

家族と確認しておくことや用意しておく防災グッズ、緊急避難時の注意点などがとても分かりやすくまとめられており、いざというときに役立ちそうです。

平時にいろいろと考え、万が一に備えておくことは大切ですね。

 

もしもの場合、家族とどうやって連絡を取りますか?考えてみてください。

 

【2年次】 進路オリエンテーション

 1月18日(木)5・6時間目の進学オリエンテーションにおいて「小論文指導 第2回目」を実施しました。

 昨今の入試の多様化や就職活動においては自らの考えを述べる場面が多くなっています。

 そのため、2年次では、来年度の進路選択を見据え「自らの強みを自身の進路実現に向けてどのように生かすことができるのか」をテーマに外部講師の先生方を招き、小論文の書き方について実践的な方法を学びます。

 1回目(12月15日に実施)では、生徒たちが書いたものを添削していただいき、今回は「自分の考えを文章にして相手に伝えること」を深く掘り下げ、書き上げることを行いました。

 今回の活動では添削をとおして表現方法や文体、表記上の注意だけでなく、自分の強みを引き出すための具体例と志望先への表明を構成しなおすことで、自らを見つめなおし、経験してきたことや考えを言葉にすることの重要性とその難しさを体感しました。

 また、オリエンテーションをとおし、今後の進路先においてどのようなことを学び、実践をすべきか、また自分の強みを生かして社会に貢献できる将来像をもてるかをじっくりと考える貴重な時間となりました。

2年次の3学期は3年次0(ゼロ)学期と例えられ、具体的な進路や方策について考える時期になります。1年後の今頃は高校卒業に向けて、また、進路決定や入試が行われている時期です。進路選択の時期がまじかに迫っていることを認識し、今回のオリエンテーションをとおし、ご家庭などで話し合う良いきっかとしていただければと思います。

進路オリエンテーション

【2年次】修学旅行の事後学習

 1月11日(木)の5・6限を使って修学旅行の平和学習に関する事後学習を行いました。この事後学習は、修学旅行1日目に各クラスで行った、沖縄の平和に関連する場所(平和記念資料館/平和の礎・ガマ・嘉手納基地・コザ歩き)で学んだことや感じたことを、グループを組み相手に伝えあうという活動でした。

 5限では、クラス内で周囲の生徒と話し合って学んだことを相手に説明する練習を行いました。生徒たちは、4分の発表時間で、たくさん学んできた中の何を伝えるか、またどのようにすれば聞き手に分かりやすく伝えるられるかを相談しながら熱心に取り組んでいました。友人から「こう伝えたほうがいいよ」というアドバイスを受けて内容を付け加えようとしている人も見られました。

 6限ではジグソー活動として、生徒は自らのクラスを離れて違うクラスに行きそれぞれ学んだことを共有しました。お互いに挨拶、簡単な自己紹介をしたのち、司会係を立てて話し合いを行っていました。最初は緊張している生徒も多かったですが、徐々に慣れてきて笑顔で話し合っている姿が溢れていました。授業の最後には、他の生徒が教えてくれたことを参考に沖縄の平和について自分の考えをまとめて活動を終了しました。

2年次のみなさん、今回の活動はどうだったでしょうか。

・どのような情報が大切なのか取捨選択し、それを相手にわかりやすく伝えるということ

・相手を尊重しながら聞くということ

・相手の発言したことに対して質問をするということ

これらのことは3年次になったときの進路選択や社会で活躍するときにも大切なことです。

今日の活動で学んだことをここで終わりにせず、次のステップに繋げていきましょう。

【1年次】進路別バス見学会に向けて

    

 

 1年次では、11月28日(火)に進路別バス見学会を予定しています。

 大学や専門学校、官公庁の施設などを見学することで自身の進路選択に役立てようというものです。

 先週の11月9日(木)の5,6時間目はその準備として

 ①オープンキャンパスや学校見学の際のポイントやマナー等を学ぶ講演会

 ②見学先についての調べ学習

 を行いました。

 

5時間目の講演では講師の先生の具体的なお話を聞きながら、一生懸命メモを取っている生徒も見受けられました。

また、6時間目は各自でタブレット等を使用して、見学先についての調べ学習をしました。見学へ行くとは言え、何も知らないまま行くのでは失礼ですし、貴重な体験を自分でどうするかをしっかりと考えることが重要です。

気になることをピックアップして、関心をもって見学できるようにしましょう!